「ブルーサファイア」エレジー⑯

 「当たりました! カノンさん!」  私とA先輩は声を揃えて叫びました。  A先輩は、とにかく中華料理が大好きなのです。私も中華料理が好きなので、A先輩と2人でよく一緒にあちらこちらの中華料理店に食べに行っていたのです。  A先輩は拍手しました。  「驚きました!僕は中華料理がとても好きなんです」  私も、…

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑮

 カノン先生には、やはり、彼氏がいたのです。  A先輩は少しおどけて言いました。  「うわ~、やっぱり。……一緒に絵を描いたりとか」  カノン先生はうなずきました。  「そうね。そんなこともあったわね。だけど、彼には、今は会えないのよ」  「遠くにおられるのですか、外国とか?」  「そうじゃないけど……

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑭

 フォルクスワーゲン・ゴルフは海岸沿いの国道を走っています。空は晴れていて、車の進行方向の右手には、瀬戸内海の青い海が広がり、島々が浮かんでいます。  車を運転しながら、カノン先生は、A先輩に向かって、「有坂君は西島君のことを “トラ君”と呼んでいるのね」と言いました。  「ええ、仲間ですから。親しい仲間は、みんなそう呼んで…

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑬

 級友達から貴公子と呼ばれているA先輩は、簡単に人に謝る人ではないのです。  A先輩から一方的に謝罪されたカノン先生も少し驚いた様子でした。すると、カノン先生は、A先輩と私の方を向いて言いました。  「少し歩きましょうか」  私達は、もう一つの円型噴水の方へ向かって歩き始めました。  「有坂君が謝ってくれるなんて…

続きを読むread more

商品紹介

プロフィール

Romy Rurikawa
あらゆる乗り物が好きなのでよく旅に出ますが、そこは日常の喧騒から逃れて自分をみつめ、淡いふれあいもある、やすらぎの空間なのです。