「ブルーサファイア」エレジー⑬

 級友達から貴公子と呼ばれているA先輩は、簡単に人に謝る人ではないのです。  A先輩から一方的に謝罪されたカノン先生も少し驚いた様子でした。すると、カノン先生は、A先輩と私の方を向いて言いました。  「少し歩きましょうか」  私達は、もう一つの円型噴水の方へ向かって歩き始めました。  「有坂君が謝ってくれるなんて…

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑫

 カノン先生は広島で私達にひどいことを言ったと思い、お詫びのつもりで食事に誘っているのでしょうか。カノン先生の真剣な表情を見て、私は断り切れませんでした。  「……分かりました。A先輩に伝えてみます」  「ありがとう……きっとよ」  私は、帰宅しようと一礼して、自転車置き場の方へ歩きかけました。すると、後ろからカノン先…

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑪

 その後の美術の授業でも、カノン先生は最初の日の授業と同じく、明るい感じで授業を進めました。私に対しても特別なことはなく、他の生徒と同じように接しました。  カノン先生は生徒に対して思いやりがあり、教え方もテキパキとしていました。その上、美術全般の知識やエピソードを面白く話してくれるので、私は、美術の授業が楽しみでした。  …

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑩

 青いフォルクスワーゲン・ゴルフは、世の中に1台しかない車ではありません。私は少し近くに行き、じっくり観察しました。確かにあの時の青シャツ女が乗っていた型式のゴルフのような気がしました。  教室に戻ろうと、私は駐車場から体育館内の通路に入りました。すると、その通路に人が立っていました。  私はドキッとして立ち止まりました。逆…

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑨

 私は、目の前の、その白い手首に巻かれたブルーサファイアのブレスレットに惹きつけられたまま、身動きもできませんでした。  すると、そのブルーサファイアのブレスレットを着けた手が私の描いた絵をつかみ取りました。  私が顔を上げると、そこにはカノン先生が立って、ブルーサファイアのブレスレットを着けた右手で私の…

続きを読むread more

「ブルーサファイア」エレジー⑧

 やがて春休みが終わり中学3年生になり、新学期を迎えました。クラスも決まり授業も始まりました。  私はA先輩からもらったブルーサファイアのパワーストーンをポケットに入れて登校しました。幸運を引き寄せる強い味方です。    新学期が始まって数日後、美術の授業がありました。授業は午前中、美術教室で行われまし…

続きを読むread more

商品紹介

プロフィール

Romy Rurikawa
あらゆる乗り物が好きなのでよく旅に出ますが、そこは日常の喧騒から逃れて自分をみつめ、淡いふれあいもある、やすらぎの空間なのです。